股関節の痛みを引き起こす原因は骨盤にあるってホント?

股関節 痛み 原因 骨盤

 

股関節の痛みが原因で、外を歩くのも嫌になり引きこもってしまう人が多いようです。こうなると精神的な病気を引き起こす可能性もあり、負のスパイラルに陥ってしまう危険があるので早急に対処しなければなりあせん。

 

そんな股関節の痛みですが、どうやら骨盤と深いかかわりを持っているようです。股関節と骨盤にはどんな関係があるのでしょうか?そこについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

そもそも股関節の痛みはなんで発生するのでしょうか?これは年齢や性別などによって様々な原因が考えられていますが、その中でも比較的多いのが「姿勢の悪さ」が原因による股関節の痛みです。

 

股関節は人体の中で一番大きな関節になり、歩く動作や立つことなど基本的な部分を支えている非常に重要な関節になります。

 

股関節 痛み 原因 骨盤

 

この周辺の筋肉ど共同することで、身体を立たせているために、立派な関節として備わっているのです。そのためちょっとしたバランスの崩れによって、左右どちらかの股関節に負担がかかる場合があります。

 

そのバランスというのが「姿勢」によって変わってくるのです。姿勢が悪くなると骨盤が歪みます。これは骨盤の周辺にある筋肉などに負担がかかることで、本来ある骨盤の位置が少しずつズレてしまうのです。股関節と繋がっている骨盤がズレるということは、自然と股関節もどちらかにズレてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

すると、身体のバランスを保つことができずに、どちらかの足に負担がかかります。それが長い間続くと、違和感として「ポキポキ」と股関節から音が鳴ったり、痛みとしての自覚症状が出てくることになるのです。姿勢が悪いことは、骨盤にも股関節にも悪影響を与えることが分かりました。

 

骨盤が歪むことで、股関節の痛みが発生することが分かったので、姿勢を整えることで自然と治ることに繋がります。ただ、自宅で個人で行っても問題はないのですが、できれば専門家の指導に伴ってのストレッチをしたほうが良いでしょう。

 

全体的な方法というのはネットなどで調べればすぐに分かるのですが、自分に合う効果的なストレッチではない場合もあります。病気は千差万別ですから、自分にとって一番な方法を見つけてもらうのも効果的でしょう。

 

骨盤のゆがみを矯正するこにより、股関節の痛みというのは自然と治っていきます。コルセットなどを使い姿勢を整えるというのも、今後発症させないための予防策として期待できます。