股関節の痛みに効果的な体操をしよう

股関節 痛み 体操 効果的

 

歩くという基本的な動作を億劫にさせてしまうのが、股関節の痛みです。脚を動かす大切な関節で、様々な原因によって痛みを引き起こしますので、誰もが無視することのできないのです。

 

そんな股関節の痛みを軽減させてくれる体操があります。これをゆっくり確実に行うことで、股関節にある筋肉をほぐし、健康的な身体を維持できます。今回はそんな体操方法についてご紹介していきます。

 

 

■インナーマッスルを鍛える

 

股関節 痛み 体操 効果的

 

股関節の痛みに共通することは「筋力の低下」があります。股関節をとりまく筋肉には、大腰筋とよばれるものがあります。これはインナーマッスルとよばれており、自分で意識することはできませんし、どれほど筋肉があるのかを調べることができません。

 

スポンサーリンク

 

通常痛みがある場合には安静にしているのがベストなのですが、股関節の痛みに関してはできるだけ動くこと治す第一歩に繋がります。ちょっとくらいの痛みであれば、体操を継続させるのが良いのです。

 

股関節にあるインナーマッスルを鍛えるには積極的にその部分を動かすことが求めれるので、次節から説明する体操をできるだけ行うようにしてください。

 

 

■大腰筋をエクササイズ

 

股関節 痛み 体操 効果的

 

ここからは股関節に痛みがある人に向けた体操方法について説明をしていきます。体が硬い人は、まずは筋肉を柔らかくする必要があるので、ストレッチを必ずしてある程度筋肉をほぐしてからエクササイズするようにしてください。

 

この体操をするときは、ゆっくり確実に行います。素早く20回行うよりも、ゆっくりと確実に5回おこなったほうが体操の効果は大きくなります。回数というのはあまり関係はなく、インナーマッスルを鍛えるというよりも負担をかけるという感じで意識をするようにします。

 

スポンサーリンク

 

体操方法は、まず仰向けに寝て膝を伸ばしたまま45度の高さまでゆっくり挙げます。そのまま真横にスライドさせその状態から最初の位置に脚を戻します。直角三角形を描くような形です。これを5~10回ほどします。

 

 

■中殿筋から大殿筋も体操して鍛える

 

股関節 痛み 体操 効果的

 

股関節に関係している筋肉として「中殿筋と大殿筋」があります。これらも体操することで鍛えることができるのです。

 

まずは下の足を曲げて、横向きにまっすぐ寝転びます。上側になっている脚を真上に向って、45度くらいの高さまでもっていきます。そしてあげたときと同じスピードで行います。これを何回か繰り返すことでこのふたつの筋肉を鍛えることができるのです。