妊娠するとどうして股関節に痛みが発生するのか?

妊婦 股関節 痛み 発生

 

股関節の痛みは時に耐え難いほどの激痛になり、日常生活を満足に送ることができないほどにまで発展します。かと思えば、違和感を感じる程度であまり気にならない日もあるなど、環境や状況によって股関節の痛みというのは変わっていきます。

 

スポンサーリンク

 

そんな中、妊婦さんも特有の股関節の痛みを訴えることがあります。出産に向けて体内はいろいろと変化をしている時期なのである程度は仕方がありません。

 

妊婦になると女性は腹部が大きくなります。これは体内の赤ちゃんが成長していくので当たり前なのですが、それにより体内では通常とは明らかに異なる変化というものをしていきます。

 

ここでは産科医が担当するような胎児そのものに関する変化ではなく、股関節の痛みや恥骨、腰部の痛みなど整形外科的な変化について指します。

 

妊婦 股関節 痛み 発生

 

股関節の痛みを引き起こすのは、妊娠中に分泌されるホルモンが影響しています。このホルモンによって筋肉や靭帯の緩みが発生するのです。

 

これは骨盤を今以上に広げる役割を持っており、出産時の赤ちゃんの通り道を確保するプロセスになっているので、多くの妊婦の方は股関節などの痛みを感じます。

 

この骨盤の変化が姿勢を悪くさせ、身体各部への過度な負担が起こります。これにより、恥骨や腰部にかけても痛みが発生するのです。お腹が出っ張ることで腰に負担がかかり、腰痛になると思っている人もいるかもしれませんが、必ずしもそれだけが原因ではないのです。

 

スポンサーリンク

 

妊娠時には立体姿勢が変化してきます。お腹が大きくなっていくにしたがって、重心がどんどん前方に偏位しますが、人間は姿勢が崩れて前にいくのを自然と嫌がりますので、骨盤を後退させ静止立体を維持します。

 

妊娠中期ぐらいまではこれで対応できますが、妊娠が進むとさらに前方に偏った姿勢になるので、上部体幹を伸展させて前方への偏位に対応してくれます。妊娠後期になるとさらに顕著に同様の推移が起こりますので、腰部の筋肉を傷めたり、神経性の腰痛になったりするのです。

 

妊婦 股関節 痛み 発生

 

現に妊婦の50%以上が腰痛や股関節の痛みを経験しているなんていうアンケートもありますが、お腹が出っ張ることによって骨盤がどんどん歪んでいくワケですから、痛みが発生するのも仕方がないといえます。

 

女性は、男性に比べて出産があるので平べったくなっています。この形状の違いが女性のほうが多いことに繋がっているといわれています。これは骨盤にかかる圧力というものが、ひらべったいほど強くなる傾向にあるからで、妊婦に痛みを感じる人が多いのも、この形状が影響していることは間違いないのです。

 

妊婦だからといって油断していると、痛みが激しくなることもあるので、あぐら姿勢のまま、ストレッチをするなどできるだけインナーマッスルを刺激するなどして和らげる努力をしてみましょう。