産後の股関節に痛みを感じた場合の対処法

産後 股関節 痛み 対処法

 

妊娠すると体内では出産に向けた準備が進められます。遺伝子がそのように記憶しており、どうすれば効果的に赤ちゃんを体内で育てることができるのか、出産することができるのかを身体は誰からも教わることなく自動的に行ってくれます。

 

その中で骨盤付近の筋肉を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されることで、骨盤が非常に不安定になります。妊娠後期に発生する股関節の痛みのほとんどがこのホルモン分泌による原因とされています。

 

スポンサーリンク

 

しかし、中には産後になっても股関節の痛みが解消されない場合もあるようです。

 

出産後は骨盤が最大に開いている状態です。体内で成長した赤ちゃんがスムーズに通るようにするので、通常では考えられないほどに大きく開かれています。

 

ということは、骨盤が非常に不安定であることが分かります。骨が開いているというのはちょっと想像することができませんが、周囲にある筋肉が緩んでいると考えれば分かりやすいかもしれません。

 

産後 股関節 痛み 対処法

 

ギュっと結んでいたものを、少しだけ緩めるとグラグラと安定が無くなってしまいます。それと同じようにギュっと締め付けていた筋肉が緩むと、骨盤がグラグラと安定なく開いてしまいます。すると股関節に他の骨などがぶつかったりするので、歩くだけで痛みを感じたりしてしまうのです。

 

そのため、産後に股関節の痛みが生じる場合は「骨盤の歪み」というのが最大の原因であることが分かります。

 

産後の女性は1ヶ月ほどは安静にして骨盤の歪みが元通りに戻るまで待たなければいけませんが、その間に無理して動いてしまうと、骨盤が歪んだまま固定されてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

筋肉はその部位を動かせば動かすほど硬くなるので、少しゆるんだ筋肉が引き締まります。すると骨盤がぐらぐらと安定していない状態で引き締められてしまうと、ゆがんだまま固定されちゃうので、股関節の痛みが長く続いてしまうことになるのです。

 

では、産後にどのようなところに気をつけるようにすれば、骨盤のゆがみを治すことができるのでしょうか?

 

前項でもお伝えしたとおり、やはり1ヶ月程度は安静にしているのが一番の方法です。骨盤が通常の状態に戻るまで無理をさせないことで、股関節の痛みを発生させることが少なくなります。

 

産後 股関節 痛み 対処法

 

また横座りやアヒル座りなどはせずに、正座かあぐらをかくようにしましょう。これで痛みを発症させることはほとんどなくなります。この姿勢は骨盤にとっても楽に行うことができるからです。

 

赤ちゃんに母乳などをあげるときは、クッションなどを利用して前かがみにならないようにし、できるだけ重いものは持たないようにしましょう。特に兄弟がいる場合は抱っこなどは座って膝に乗せるようにしましょう。

 

股関節の痛みというのは、妊婦さんにとって切り離すことができないものです。産後でも注意しなければ再発してしまうこともありますので、安静にして骨盤の歪みを治すことに専念しましょう。