股関節の慢性的な痛みの原因とは?

股関節 慢性的 痛み 原因

 

人体はとても精巧に作られており、ちょっとした変化ですぐに体調不良になったりします。現在存在する精密機械なんておもちゃに感じられるほど、人体の構造は精密すぎるのです。

 

そんな人体ですが、股関節の慢性的な痛みに悩まされている人は多いのではないでしょうか?歩くだけで痛いので、日常生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。なぜ股関節の痛みが発生するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ほとんどの原因といわれているのが、「骨盤のゆがみ」です。足の付け根が正しい骨盤の位置に収まっていないからなのです。股関節の痛みを軽減させるには骨盤のゆがみを矯正させることが必要になってきます。

 

股関節 慢性的 痛み 原因

 

太ももの骨が引っかかり、滑らかな股関節の動きができなくなっているから、かがむ時や歩いたり走ったりするときに痛みが出てくるのです。高齢者に多いなんて思っている人もいるかもしれませんが、姿勢の悪い状態を長く続けている若者などにも、この傾向が見られているので、どの世代も安心することができません。

 

そもそも足が動くのは、股関節が骨盤のくぼみの中で回転をしているからです。そのため歩くだけで股関節が痛いということは、その回転に支障が出ており、他の骨とぶつかっている可能性がありスムーズに骨が回転してくれていないのです。

 

スポンサーリンク

 

ということは、骨盤のゆがみが無くなれば、骨の回転がスムーズになるので足の付け根の痛みなどが自然と治っていくことに繋がります。

 

では骨盤がゆがむと他にどんな症状が発生するのでしょうか?代表的なのが「つまづく・転びやすくなる」というものです。足をスムーズに前へ出すことができないので、ちょっとした段差や自分の足に絡むようなかたちで転んでしまいます。

 

股関節 慢性的 痛み 原因

 

高齢者は骨がモロくなっていますので、ちょっとした転倒で骨折などの大怪我になってしまう可能性もありますので、股関節の痛みを放置しておくことは日常生活に支障をきたすことに繋がるので注意が必要なのです。

 

 

このように股関節の痛みは慢性的になりやすい傾向にあることが分かります。骨盤のゆがみというのは自分自身ではあまり分かりません。そのため放置してしまう傾向にあるのですが、蒸気でも説明しているように、転倒などにより骨折するなどの大怪我に発展してしまうことになります。

 

さらにどんどんヒドくなると、歩くことさえ億劫になり引きこもりの生活になってしまうことも考えられます。原因のほとんどが骨盤のゆがみですから、その対処方法をしっかりと考えておくことが必要なのです。

 

股関節が痛い。これはひょっとしたら1年後に自分が体験していることかもしれません。股関節が痛いというのは、誰にでも訪れる可能性がありますから、他人事ではなく「明日は我が身」という気持ちで、対処法などを知っておくことが大切なのです。