股関節と腰の痛みの親密な関係とは?

腰 股関節 痛み 関係

 

テレビ番組などでも取上げられているのですが、腰が痛いので病院に行ったが異常は無いと診断された。後日違うところで診断してもらったら、腰ではなく股関節が歪んでいることが原因だと分かった。という事例などは度々発生しています。

 

スポンサーリンク

 

股関節と腰ではだいぶ違うようですが、ここにはカラクリが存在するのです。

 

腰痛だと思ったら股関節が原因だった・・・。こんな経験をしたことはあるのではないでしょうか?また足全体から背中にかけて全体的に痛い場合にも、なぜか股関節に原因があると診断されるケースもあるのだとか。

 

腰 股関節 痛み 関係

 

整形外科では基本的に痛いと思われている部分しかレントゲン撮影をしませんし、そこを集中的に診療することでどんな原因が考えられるのかを診ます。腰であれば腰部分。足であれば足全体などのように。

 

ただ、そこで股関節の異常と結びつけることは難しいようで、見逃されてしまケースもあり、股関節の痛みが悪化してしまうといた事例もあるようです。

 

患者も腰や足など股関節とはあまり関係ないところが痛いと思い込んでいたというのもひとつありますが、これは1本の神経が足から背中にかけてまで通っていますので、股関節の痛みがその神経をマヒさせ違うところで痛みが発生しているように感じとってしまうようです。

 

スポンサーリンク

 

まずは、どこが痛いのか?そこが分かっていないと話が次に進みません。

 

股関節の痛みというのは突如としてやってくるものではありません。骨盤が歪んだり筋肉の衰えなどが主な原因ですが、それは長い時間をかけてゆっくりと形成されていくものですから、自分の日常生活になにかしらの原因があると考えるのが普通です。

 

普段何気なくやっている姿勢や動作でも股関節にものすごく負担をかけているということも考えられます。姿勢や歩行から起こる可能性というのは十分に考えられているのです。

 

腰 股関節 痛み 関係

 

また腰とも蜜な関係にあります。股関節に痛みを抱えている人の腰は曲がっていることが多いです。いわゆる「猫背」という姿勢です。これは骨盤に大きな負担をかけるだけでなく、股関節の動きを鈍らせてしまうので、痛みが発生してしまうのです。

 

また腰が曲がることで、腰痛や膝などを併発することも分かっていますので、姿勢が悪いというのは様々な悪影響を身体に及ぼすことがあると認識しておかなければなりません。

 

膝や腰の痛みというのが股関節が異常になっているから引き起こされると記述しましたが、必ずしもそうではありません。膝や腰そのものが傷んでいる可能性があるからです。

 

ただ、腰や膝に悪影響を与えることは間違いがないので、いずれにしても正しい姿勢をしっかりと身に付けることが大切になってくるでしょう。それができれば、自然と腰や膝の痛みが和らいでくるだろうと考えられているのです。