妊娠後期の股関節の痛みを対処する方法

妊娠後期 股関節 痛み 対処

 

股関節の痛みは時に耐えがたいほどの激痛になることがあります。そうかと思えば「違和感」を感じる程度の比較的軽いこともあったりと、個人差がヒドいことでも知られています。

 

そんな股関節の痛みですが、どうやら妊娠後期には特有の痛みを感じる妊婦さんは多いようです。体内ではどのような変化が発生しているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

妊娠後期ということは、赤ちゃんもだいぶ体内で大きくなり出産に向けた準備が着実に整っていく時期にあたります。このときに母親の体内では通常とは異なる変化が生じてきているのです。その代表的なのが「骨盤の筋肉を緩める」ことです。

 

赤ちゃんは体内でかなり大きく成長します。それを出産させるためには、相当な広さを持たなければなりません。通常はそこまで大きく広げることはできないのですが、出産の時は別です。リラキシンというホルモンの分泌が増えることで、骨盤を支えている筋肉が少しだけ緩みます。

 

妊娠後期 股関節 痛み 対処

 

そうすると、股関節あたりに鈍い痛みを伴うことがあるのです。個人差があるので、産婦人科や整形外科に相談する人もいるようですが、「骨盤が緩んでいるから多少の痛みがあっても仕方ない。出産すれば治る」とだけ告げられ、何も処方されないことが多いのです。

 

スポンサーリンク

 

身体が出産にむけての準備をしていることで、妊娠後期には特有の股関節の痛みがあるワケです。股関節だけでなく、恥骨や腰にかけても痛みを感じる人も同じ理由によるものです。

 

今までは筋肉がしっかりと身体全体を覆っていたので問題がなかったのですが、そこに変化が生じているので痛みも発生してしまうということです。

 

人によっては耐え難い激痛となることもある股関節痛。日常生活を満足に送ることすら困難になってしまうのですが、これをどうにかしたい場合の対処方法などはあるのでしょうか?

 

一般的に言われているのが、コルセットをつけたり軽いマッサージを行ったりすることで和らげることができるようです。また骨盤や歪みを治すことでも痛みが和らぐことがあるので、整体でズレをなおしてもらうのもいいかもしれません。